ごあいさつ アトピーと海                                

はじめまして。

幼少より重度のアトピー性皮膚炎(以下アトピー)で、あらゆる治療法を試しても改善しなかった私が最後に出会ったのは沖縄の海でした。あらゆる治療法を試した経験、その後の沖縄の海での経験、北海道の大自然での経験、それらから今ではアトピーを克服するために、大自然の中での長期療養は大きな助けになると思っています。

あくまで自己流に試行錯誤して辿り着いた結果でしたが、インターネットで検索すると、沖縄に行ったらアトピーが良くなったという同じような経験をされた方々の書き込みが数多くあることを知り驚きました。また、そのような患者さんの話を聞いて、海水はアトピーに効くのでは?と考える医師もいるようです。そして実際に沖縄の海で、医師や大学の皮膚科の先生方が主催しての、アトピーの子供達を対象にしたキャンプなども何度か開かれています。
ただ、残念なのは、キャンプなどの短期、単発的な試みはあるものの、本当に体の芯から健康になるための体質改善、長期療養という視点にたったものが無いということです。

現在沖縄で長期療養したいと思っても、子供のために家族ぐるみで沖縄に移住するなど、特殊な例に限られます。伝統があり、湯治場などが整備されている温泉療法と違い、沖縄には長期療養という発想の施設はほとんどありません。また、一般の旅館に滞在するとしても、大多数を占める観光客の好奇な視線に人目が気になる重度のアトピーの人が耐えられるでしょうか。それに綺麗な海の近くのホテルということは当然料金も高いのです。

上記により、家族ぐるみの移住にしろ、長期宿泊にしろ、金銭的、精神的負担はかなり大きく、沖縄でも北海道でもアトピーの長期療養を真剣に考える事は現在では非現実的です。可能なのは人のいないプライベートビーチを購入して、別荘でも建てられる、温泉付きの別荘を買える、一部の大金持ちくらいでしょう。

私は自分で大自然の中で、自然のものを使いアトピーを改善してから、いつか沖縄や北海道でアトピーのかたが長期療養できる施設を作りたいという夢がありました。その夢を持ってからもうすぐ15年になります。15年たっても未だにアトピーを取り巻く環境は改善するどころか悪くなる一方です。
私の夢への理解者、協力者も徐々に増え、具体化できる自信を持てるようになったので、ついに夢に向かって一歩を踏み出しました。

まずは第一歩として北海道にアトピー専用の温泉宿をオープンしました。沖縄の方は未だ構想段階です。


少しでも多くの絶望している方々の助けになれればと思っています。
ただし、前例の無いことでもあり、試行錯誤の状態です。多くの皆さんからのご意見、ご助力を頂ければ幸いです。
 


                                                                                    
戻る

 

 

 

                   ↓構想段階です!                           ↓北海道にオープンしました

         アトピー性皮膚炎長期療養支援施設                  アトピー性皮膚炎専用の療養温泉宿  
        
海辺の家族                 山辺の家族