アトピー療養のために沖縄においでになる際の注意事項

        (注意)当施設はまだ構想段階です。参考までに。。

 

  • 当施設はアトピー性皮膚炎の長期療養を希望される方を心身ともにサポート致しますが、治療施設ではありません。あくまで長期滞在可能な宿泊施設です。体調不良時には近隣の医療機関を受診して頂くことになりますので、日常利用している処方薬、保険証はご持参下さい。
     
  • 私は極力皆さんへの助言をしたいと思っておりますが、施設に常時滞在しているわけでは無い事をご了承下さい。
     
  • 私は沖縄の海などの大自然でアトピーをほぼ克服しましたが、当施設、沖縄に滞在することによりアトピーの改善を保証するものではありません。また、医学的、科学的にも証明されたものではありません。体質は人それぞれであり、海に入る事により、沖縄に行く事により症状が悪化してしまうケースもあります。あくまで当施設は、「沖縄の海で長期療養を希望される方々に落ち着いて療養できる場を提供する」施設であるということをご了承下さい。
     
  • 世の中には様々な治療法がありますが、どれも体質により効果がある人と無い人がいると思います。よって当施設ではどのような治療法も否定しません。当施設に滞在しながら他治療法を併用する事も自由ですし、自由に情報交換して下さい。但し、他治療法への強引な勧誘、または否定、他の滞在者に迷惑をかけるような行為はお断りします。
     
  • 沖縄での長期療養治療での改善に期待したからといって、常用の外用薬、内服薬を自己判断で中止する事は非常に危険です。そのような状態で海に入ることはとても辛くて出来ませんし、感染などの危険な事態を招きます。もし常用薬を中止したい場合は必ず、理解ある皮膚科の先生に十分相談、指導のもと、症状がある程度落ち着いてからいらして下さい。
     
  • 沖縄の海辺に滞在して症状が改善するかどうかは人それぞれの体質次第です。いきなり長期滞在前提で沖縄に行くのではなく、とりあえず数日間旅行気分で滞在してみて、自分に合うかどうかを試してからにしましょう。
     
  • 当施設は安全を考慮して出来る限り遠浅で波の穏やかなビーチのそばという立地にしていますが、観光客が大勢来るような整備されて、監視員がいるような人工のビーチではありません。天候、潮の干満などにより状況は変化しますし、沖縄の海には危険な生物もいます。深いところには行かず、遊泳には十分注意して下さい。小さなお子様には必ず保護者が付き添って下さい。当施設では一切の事件、事故の責任は負いかねますのでご了承下さい。
     
  • 沖縄は日本で一番温暖な気候ですが、それでも冬の間は寒くてとても海には入れません。それでもやはり温暖な気候、のんびりとした環境でのストレスからの開放、心地よい潮風、花粉症が無いなど良い面もありますが、改善の効果は落ちるかもしれません。海水をつけるくらいはできるでしょうが。最も良い季節は4月から10月くらいです。

                                                              戻る

                ↓構想段階です!                      ↓北海道にオープンしました    

           アトピー性皮膚炎長期療養支援宿泊施設                                              アトピー性皮膚炎専用の療養温泉宿   
           
海辺の家族                                        山辺の家族